ページトップ

トップページ取り扱いファンド一覧 > シン・カ・ファンド
第一弾 戦略コンセプト「パタリスト」
ファンドの主たる投資目的は、主に日本企業の株式に投資することにより、リスクを抑えつつ優れた絶対収益(アブソリュート・リターン)をもたらすことです。管理会社は、かかるリターンを達成するために、ファンダメンタル株式ロング・ショート戦略を実施し、割高または割安な銘柄の発掘に努めます。管理会社は、ファンドを、特定のベンチマークと比較しまたは特定のベンチマークを上回るパフォーマンスを上げることを意図していません。なお、投資目的が達成されるという保証はありません。
基準日:2018年10月31日
基準価額(円) 純資産総額(百万円) 直近分配金(円)
9,300 2,797 -
※純資産総額の百万円未満は四捨五入しております。
※ファンドの目的は、投資元本の成長を最大化することであり、基本的にはファンドの投資対象から得られた収益または 利益を分配金として分配することは想定されていません。
※基準価格・収益率以外のデータはマスターファンドの内容を表示しております。詳しくは販売会社へお問い合わせください。
※1ヶ月1回更新
チャート

当ファンドの特徴

徹底したリサーチに基づくボトムアップ・アプローチ

上場日本株の内、主に中小型株を投資ユニバースとします。

対象企業の経営陣への直接取材やアナリストからの情報収集といったリサーチの結果を分析し、投資銘柄を選定していきます。

通常アナリストがカバーすることの少ない中小型株に特化してリサーチを行うことで、投資機会に繋げます。

独自の運用コンセプト=「パタリスト」

「パタリスト」とは、「カタリスト」+「発生パターン」を意味する造語です。

過去のカタリスト(需給の変化が発生するきっかけであり、株価変動主要因のひとつ)および企業イベントの発生とその結果をデータベース化し、ここから得た勝ちパターンおよびリサーチから得た情報を投資判断基準とします。

常に安定したリターンを追及することは不可能との前提の下に、「分からないときはやらない」、「取れる時に取る」をスタイルとして徹底させています。

マーケット・ニュートラル・ポートフォリオの構築

ロング・ポートフォリオとショート・ポートフォリオを別個に構築し各々で超過収益獲得を目指すという、独自の戦略を採っています。

最終的に、ロング・ポートフォリオとショート・ポートフォリオを組合せた全体ポートフォリオがニュートラルになるよう、株価指数先物を使って調整します。

マーケット・ニュートラル・ポートフォリオの構築

当ファンドの関係会社紹介

当ファンドの関係会社仕組み図
投資顧問会社

ダーウィン・キャピタル・パートナーズ株式会社

DarWin Capital Partners, Inc.
金融商品取引業者 投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第2048号

ダーウィン・キャピタル・パートナーズ株式会社
佐保田 隆史

代表取締役(CEO/CIO) 佐保田 隆史

大学卒業後、アンダーセン・コンサルティング(現 アクセンチュア株式会社)へ入社。コンサルタントとして、多くの企業の価値向上へ取り組んだ。

この経験を元に資本市場に直接向き合う運用業務に携わり、投資家、事業法人への更なる貢献へのぞむことを企図、2001年、ニッセイアセットマネジメント株式会社に入社、日本株式運用を担当するポートフォリオマネージャーとして、企業年金、事業法人特金など、様々な資産勘定の運用に従事、豊富な経験を得た。

更に、2004年には大和住銀投信投資顧問株式会社へ入社、同じく日本株式、特に小型株運用のファンドマネージャーとして、企業年金の他、投資信託、海外資金といった、多彩な資産勘定の運用経験を培った。

2006年にダーウィン・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立、代表取締役に就任。約15年間の投資対象企業に対する直接取材をベースに、投資助言業務を運営。

助言対象である「Shin-Ka Fund」は、2012年に「AsiaHedge Awards 2012 NEW FUND OF THE YEAR」を受賞した。


一橋大学商学部卒

日本証券アナリスト協会検定会員

リー・プイイー

取締役/リサーチ担当 Lee Pui Yee(リー・プイイー)

ブルームバーグ、ベア・スターンズ(ジャパン)証券株式会社、みずほ証券、コスモ証券、東海東京証券において12年間にわたり、中国語、英語、日本語を活かしつつプロップトレーダー、アナリスト、機関投資家営業業務に取り組む。

特に、語学力を活かした日本、中国、アジアにまたがるテクノロジーサイクル・サプライチェーンの分析、投資に強みを持つ。

2015年10月、当社入社。

当社においては主に外需セクターを担当し、アジアのリアルタイム情報と国内ボトムアップ情報を組み合わせて投資助言業務を行っている。


Nanyang Technological University, Singapore大学ビジネス学部経済学科卒業

CFA協会認定証券アナリスト

内藤 美智代

取締役/コンプライアンス担当 内藤 美智代

大学卒業後、新日本証券(現 みずほ証券)に入社、転換社債部セールス・トレーダーとして国内機関投資家営業に従事。

その後、ペイン・ウェバー証券(現UBS証券)、シュローダー証券(現 クレディ・スイス証券)など、主に外資系証券を中心に、セールス・トレーダー、エクスキューション・トレーダー、アドミニストレーション、ミドルオフィス、コンプライアンスと、 機関投資家営業サポート業務に関する主要職種を歴任。

証券会社における最終役職は、トレーディング部長兼ミドルオフィス部長。

更に、大手海運会社IR室に勤務。発行体サイドのキャリアも保有。

2014年4月に当社へ入社。 セルサイド、発行体にわたる豊富な業務経験と知識を活かし、当社投資助言業務をサポート。

2017年1月、当社取締役に就任。


日本大学経済学部卒

日本証券アナリスト協会検定会員

宅地建物取引士

管理会社

ゴーディアン・キャピタル・シンガポール・プライベート・リミテッド

Gordian Capital Singapore Private Limited

シンガポール政府 登録番号:200517499Z
シンガポール金融管理局(MAS)ライセンス:CMS100394-1

設立: 2005年12月16日
代表者: Mark Voumard / Stanley Howard
事業内容: ファンドプラットフォームの構築・運用

取扱販売会社

Teneo Partners 株式会社 03-4550-2518 http://www.teneopartners.co.jp
キャピタル・パートナーズ証券株式会社 03-3518-9300 http://www.capital.co.jp